« TSC クリスマスカップ開催。。 | トップページ | 手代木杯の結果(6年生)。 »

2013年12月16日 (月)

県南U11L / 手代木杯 の結果(5年生)

12月14、15日にかけて行われました試合の結果です。
《県南U11リーグ:5年生》  12月14日
   1試合目:        東光台SC 0 : 1 ばらきSC
   2試合目(矢部監督):東光台SC 3 : 3 八原A
   3試合目(中川監督):東光台SC 2 : 2 八原B
   フレンドリーマッチ(中村監督):東光台SC 3 : 0 舟島FS
《手代木杯:5年生》  12月15日
   グループリーグ:(矢野監督)東光台SC 5 : 1 阿見FC
   グループリーグ:(大関監督)東光台SC 7 : 0 手代木B
   決勝戦:     (渡瀬監督)東光台SC 0 : 1 手代木A
   結果は準優勝でした。
   MIPは最も良い働きをした監督を選手が選んだ結果、「渡瀬監督」が選出
   されました。
(松野コーチのコメント)
  5年生の現在の取り組みは「賢さを磨く」ということで毎試合ひとりずつ監督をやってもらっています。
  監督へのリクエストは
    ・14人全員が同じだけ試合に出場すること
    ・ポジション配置は先入観にしばられないこと
    ・ゲームプランをしっかり選手全員に伝えること   です。
  このリクエストを達成するためには
    ①仲間の個性を把握するための観察する力
    ②試合展開を予測する想像力とサッカーの知識
    ③みんなの前で自分の意見を伝えるプレゼンテーション
    ④状況に応じてプランを変更する判断力   を磨く必要があります。
  監督の担当になった選手はみんなしっかりと準備をしてきてくれています。
  特に①と②の力はすでに十分持っている選手が多いのですが、③と④はまだまだ努力をする必要があ   
  りそうです。用意してきた原稿を棒読みするだけではなかなかみんなの心には届きません。試合前の短 
  い時間でしっかりと自分の意見を伝えるというのは中学生でも、高校生や大人でもけっこう難しいもので
  す。でもその難しいチャレンジにあえて挑戦して欲しいと思い、みんなに監督をお願いしています。
  コーチが何も決めなくても、自分たちだけであれだけの試合ができることにまずは自信を持ってくださ 
  い。そしていつの間にか平気な顔で③と④を果たせるようになった頃には今では考えられないくらいサ
  ッカーが上手になっているはずです。
  最後に、手代木杯決勝戦での「渡瀬監督」の思い切った作戦はコーチがいつも考えていながらなかなか
  決断できなかったフォーメーションでした。あのチームとどうやって戦うか、というひとつのヒントにもなり
  ましたね。負けてはしまいましたが良いチャレンジだったと思います。

« TSC クリスマスカップ開催。。 | トップページ | 手代木杯の結果(6年生)。 »

大会&結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TSC クリスマスカップ開催。。 | トップページ | 手代木杯の結果(6年生)。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

無料ブログはココログ