« 結果の報告①~④(その④) | トップページ | JCカップ(4年生) »

2018年5月16日 (水)

JFAリーグ U12 第3節

JFAリーグ U12 第3節の結果です。
(終了後は「FCレジスタつくば」さんも交えての練習試合となりました。練習試合の途中から雨が強くなってしまいましたが、どのチームも一生懸命プレーを続けていました。たくさん試合をしていただきありがとうございました)

   ・日時:5月13日(日)、9時から
   ・会場:土浦市南部地区運動公園
   ・結果: 1試合目 東光台SC 6 : 1 サンダースFC(土浦)
         2試合目 東光台SC 0 : 3 GBC土浦SSS(〃)
P1010691P1010695(6年:りょうせいコーチのコメント)
今回は使命の勝ち点6を取れなくて申し訳なく思っています。そこで何が上手くいかなかったのか考えました。まず、監督としてのベンチや選手への士気を高めるような声がけができませんでした。これは発言された相手がどのような気持ちになるのかを考え、言動にうつすのもPM としての使命の一つだと思います。もう一つは一試合目にフル出場して、疲れて二試合目に出れない人がいましたが、交替時間などを考えるのも僕の課題です。交替時間が遅くなったのは申し訳ないですが、これから暑くなるのできつくなったら伝えてください。確かに今日は課題がありますが、一試合目は結構プレスもかかっていたので良かったと思います。サンダーズ戦のような試合をこれからも続けましょう。

(6年:すかいコーチのコメント)
はじめてPMをやりました。ぼくの指示にすぐみんな取り掛かってくれて嬉しかったです。ぼくが任されたフレンドリーマッチは負けてしまったけど次は勝つために声出しなど強化していきたいです。

(松野コーチのコメント)
しつこいけど何度でも同じことを言います。相手選手に敬意を払うこと。レフェリーへの感謝を忘れないこと。そしてチームメイトを尊重すること。つまり「リスペクト」のことです。
チームを任された人には出場選手を決める権利がある。選手交代だって自分が思ったとおりに決めていい。しゅうコーチのように「なるべく全員を出してあげたい」という考えもすばらしいと思うけど、みんながそうでなければいけないわけではない。15人いるんだから、チームマネジメントにも選手選考にも15とおりの考え方があって良いと思う。たくさん努力した人がたくさん試合に出るべきだ、という考えも分かるし、全員出場させてあげられなかったらコーチ失格なんてことはない。監督は自分が考えたとおりに選手を選ぶべきだし、誰かが試合に出場できない状況は当然発生する。
ただし前提として「仲間へのリスペクト」がなければならない、とコーチは思う。「とりあえず全員出しておけばいいんでしょ」なんて単純なことではなくて、14人の仲間ひとりひとりをサッカー選手として尊敬してほしいのです。
貴重な休日、一日家でゴロゴロしていればラクなのに、わざわざ早起きして、暑かったり寒かったりするグラウンドで気持ち悪くなるまで走って、蹴っとばされて、はじき飛ばされて、それでもまた立ち上がって走って、という楽ではない休日の過ごし方を選んだ仲間じゃないか、と思うんだけどどうだろう。
とても大切なことだから、何度でも言います。チームメイトをリスペクトすること。自分なりのやり方でトライしてみてください。

« 結果の報告①~④(その④) | トップページ | JCカップ(4年生) »

大会&結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果の報告①~④(その④) | トップページ | JCカップ(4年生) »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ